重度の「どもり」が原因で、長年恥をかき続け「電話が怖い」更には「対人恐怖症」までなった人が・・・たった1つのことを繰り返しただけで、スラスラと言葉が出始める。その変化が、最新の吃音研究の成果を使えば、わずか7日間で効果が表れ始めるのをご存知でしたか?受講者が絶句した「自宅で吃音を根本から改善した方法」とは・・・

「どもり」を根本から治療し、取り除きます

通常、どもり克服となると、自宅でもトレーニングをし、毎週病院に通い続けなければいけません。当たり前ですが、どもり治療には多大な”根気””時間””費用”が必要となります。

でも、その”根気””時間””費用”が10分の1になるとしたらどうでしょうか?

まわりくどい言い方になりましたね。ずばり長年の悩みから解放してくれる「最新のプログラムの内容は?」と言いますと、「あることを」毎日15分ほどのトレーニングを3セットに分けて実行するだけなんです。

このプログラムは非常に簡単です。難しいことは一切ありません。小学1年生でもできる内容です。シンプルですが驚くほど効果的なプログラムです。

簡単だとは言っても、他にも心配事があると思います。そうです、「継続して続けられるか?」という点ですよね。「15分を3セット・・・」と言っても、日常の中で時間を割いて、行うのは抵抗があるかと思います。

でも、ご安心ください。

このプログラムを実践する場所はどこでも自由です。さらに、筋トレなどのトレーニングと違い、それだけに集中しなくても構いません。人知れずこっそりと行うことも可能なのです。

つまり、好きな時に、好きなテレビ番組でも見ながら片手間でこっそりどもりの治療ができるとしたらどうでしょう?

このプログラムを製作するにあたって、一番注意したのは、確実に効果を出してもらうことです。

5パターンのステップで成り立っています。1から5までをステップバイステップ順番に行うことで自然と、ハキハキ話せる自分を感じ取れることでしょう。

1ヵ月後のイキイキとした自分の姿を想像し、楽しみながらトレーニングを行ってください。

どもり治療法の詳細はこちらをクリック!

どもり治療法の詳細とは・・・

実践後、望む効果が出たら、もうトレーニングの必要はありません。どもりは、一度治ると基本的には元には戻りません。

世にあふれている、「心理的療法」や「発音法」のような、一時的にどもりの上っ面を治療するのではなく、その根源となっているものを変えるトレーニングです。

このプログラムはどもりの克服だけではなく、もうどもりで悩まないためのノウハウが詰まっています。その1部を紹介すると・・・

・どもりの根源を治す、最新の吃音トレーニングとは?
・知らないではすまされない、どもりになる3つのきっかけとは?
・「言葉の恐怖心」をきれいさっぱり取り去る方法とは?
・子供の「どもり」を改善する即効性のある治療法とは?
・「どもり」の4つのタイプとその効果的な対策とは?
・ほおっておくと危険過ぎる、どもりと自律神経の深い関係とは?
・自分のどもりの「重症度」を把握するチェックポイントとは?

今、どれだけどもりのことで悩み、毎日ストレスを抱えていたとしても、今の自分を変えるために「1歩を踏み出す」ということは、とても勇気がいる事だと思います。

でも、勇気を出し、その1歩を踏み出した後のあなたはどうなるでしょうか?

日に日に、喉の奥に何か詰まってたようなものが消え、スラスラと口から言葉が出るようになる。会話をする前に味わう、胃が締め付けられるようなプレシャーからこの先ずっと開放される・・・

そして、アナウンサーのようにハキハキと話すことができ、会話をもっと、もっと楽しむことができるようになる・・・

家族は、びっくりするでしょう。友達のあなたを見る目が変わるでしょう。言葉は人と人をつなぐ一番大事なものです。その大事なものを一緒に取り戻しましょう。

あなたの勇気ある参加を心よりお待ちしております。

どもりを根本から克服し、会話を楽しめるようになりたい!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。どもり治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

どもりwiki

当サイトに関して

他の言語障害との混同

近年、明らかに吃音症と言えないものも吃音といっている場合がみられる。吃様の言語症状を伴う疾病、例えば、声帯の痙攣を伴う麻痺性発声障害や、声帯の麻痺による麻痺性言語障害などの痙攣性発声障害、聴覚フィードバック系の機能不全(早口言語症など)などは、それぞれ原因が特定され、治療法も分かっているものもあるので、吃音とは区別して治療を行う必要がある。
また、不慮の事故などによる脳挫傷や、脳卒中など、脳に損傷が生じた際の後遺症である言語障害は失語症や構音障害に分類される。
更に、大辞泉で吃音を引くと「発声器官に痙攣が起こり…」と、痙攣性発声障害などと混同している節が伺われる。広辞苑も吃音を「発語筋肉・横隔膜筋・声帯などの発作的痙攣による。原因は諸説あるが、不安・緊張など心理的要素が強く…」と信憑性がやや疑われる説明をしている。

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけですと簡単です。アクセスランキング